気に入ってるポイントは背表紙のグラデーションです
とにかく「物として美しいものにしたい」と思いながら
ほんのすみずみまでに眼を配ったのですが
思いついた時はうれしかったです

カテゴリー: