雨 白いカーテンが サー…… と降りる音

最も のその次にそれぞれが位置してる二人 で完結する私の世界

窓にとまる雨粒 遠くを見ているとピントを合わせていると 目の前の雫はきらきらした結晶となる

淡い空に真珠のように光る恒星

朝陽のあたる電線は 蜘蛛の糸のように白く光り 街中に編まれている

朝陽の登る位置が大きな橋の間まで来た 毎日少しずつ移動してる 地球は公転してる

もっともときめくもの(草) もっともたましいがふるえるもの(藤)

「もっとも〜な中のひとつ」的じゃなくて言い切り型にしてみますと