地軸が傾いていて優しい 季節はめぐるから
眠っているあいだに地球が回っていて優しい
ただただ流れる涙は何にも置き換えられないかがやきの結晶なんだ
いつかできることは 今しないんだ 今できることしか 今しないんだ
青白い朝の上り車線に連なる車のブレーキランプが 水引の花のように粒々と穂をのばす