すべては淡く収めようか 遠く霧立つ銀鼠の空

少し寝坊したら植物がくったりしてたのでお水をあげたらすぐもどった ごくごく 生命!

毎日朝焼けを見ていると ドラマチックでどきどきしてうっとりして目が離せなくて 一日中空がこんなだったらのほほんとごはん食べたりお仕事したりなんてできないだろうなと思う 朝焼けや夕焼けは恋みたいで わたしはずっとそんなだったらいいのにと思うけど

雲の速さを調節してスマートフォンから見やすくなりました

朝日の昇る位置が少しずつここにきた頃に近づいている 地球は公転しているなぁ

今朝の小鳥はphilosophyと鳴いていた

くるまのサーと走り抜ける音も 電車のカタランカタラン走る音も 空の高いところまで響いている 今日は晴れだった ですか

まだ鳴くのに不慣れな小鳥がチューニングしている夜明けです