動けない 目を開けられない ピロン、ピロン、と鳴っているのは心拍数だろうか と思っていたら 左折するトラックだった

そのエンジン音は海へゆくボートのかもしれないのなら わたしは今ひとつの岩になりました あの夏の

「大型連休」を「犬型連休」に読みまちがえた ワン

霞んだ夜空のスタジアムの辺りだけがぼうっと光ってる かぐや姫でも生まれるのか

救急車って苺のショートケーキみたい 甘くないけど

空き缶がカラカラカラと鳴りながら転がってゆく 音のペンキを塗りながら 地球に

硬質な建物は昨日と変わらぬ素振りだが 部屋の植物たちには日々の細やかな一挙一動にすら圧倒される

夜中に道路を走る車は新種の虫みたいで

おなかいっぱいそうにもったり走る下り電車と ガラ空き軽快に走る上り電車 今日は平日か