『体温計Tシャツ』白
『体温計Tシャツ』黒
—「常に体温を計っている人」になる—

矢野顕子さんグッズ、
『ワンわくTシャツ』
『猫じゃらTシャツ』
『まちあわせTシャツ』に続き、
大槻あかね作、とんちを効かせたTシャツです。

前3つのTシャツでもそうですが、
私はどんな形態/媒体においても、
「そこでだからこその、そこでしかない、インスタレーション」をしています。
「ひとつ、体温計というものを、その空間(Tシャツ)に置く」ことで、
「人間の身体」というものの形、動き、などの特性が見えてくる。
人間という生き物が可愛らしく滑稽で愛すべき存在に思えてくる
その「必然」となる「ひとつ」を、いつも探しています。

これは単に胸の面にロゴや平面の図をプリントするものとは大きく異なります。
そしてこのTシャツは、鑑賞するだけの美術作品とも異なります。
「着た人もまた他者を笑わせる」ための術となり、
誰もが発信者となるお手伝いをします。

発案/試作は20年ほど前、制作開始は4年前から、
意図せずこのタイミングでの発表となりましたが、
その間にこの水銀の体温計も見かけなくなり、
体温を計る機会の多い日常となりました。
素朴に笑っていただけたらさいわいです。

メンズのボディをもとに、
男女兼用M/Lの2サイズ展開となります。
綿100%
4.3オンス
転写プリント/シルクスクリーン
*Sサイズのご注文も承ります。
ご注文をいただいてからの制作により、
2週間ほどのご猶予を頂きます。
*もし笑いが起こりましたら、
『あかね笑点』のページもご覧ください。
少し前から小説のようなものを書き始めました。
日記形式で進んでゆくので、
書いてから、ある期間寝かせて推敲してから、
akanet内に掲載するページを設けてそこに載せるのと、
noteにも載せてゆこうと思っています。

SNSではあまり宣伝的なことは最初はしないで、
すでにここをみてくださっている方に気付いてもらえたらいいかな、
というていで始めて、進んでゆきながらまたその行方を考えようと思っています。

文章も挿絵も、
今までの大槻あかねの芸風とは随分違うように感じられる方もいらっしゃると思います。
あたりまえですが人間なので、年月を経るにつれ、多様化していると思います。
今日、数年前の自作を久しぶりに見て、今の自分との差異に驚きました。

また、
「発明性の高い手作業1点物の作品」ゆえにネット上ではお披露目してこなかったもの、
何年も前に発案したけれど、なかなか形にする機会がなかったTシャツなど、
今までの大槻あかねの真骨頂のような作たちも、
shopページでお求めいただけるようにしてゆきます。
そこには「言わずして言う」メッセージも込められています。
見守ってくださると、うれしく思います。

SNSには載せている日常の写真など、
最近はこちらに載せそびれています。
そちらも覗いてくださると幸いです。

みなさまにご支援いただいて、拙著『あ あ』を無事購入することができました。深く感謝したします。これから拙Websiteでご購入頂けるようにしたり、置いていただけるお店の告知などしてまいります。またお礼のお便りも描き上がり次第お送り致しますね。本当にありがとうございました。
書店でご注文頂けたのは49冊だそうです。
購入分と合わせて全部で500冊、
在庫2000冊だった内の4分の1を救えました。
本当にありがとうございます。
自分ひとりではかなわないことでした。
今回の事でたくさんの方に支えられていると感じました。
感謝の気持ちを抱きつつこれからもつくり続けます。
 
『あ あ』、
80117円のご支援いただきまして、
自分の購入分を含めて全部で
450冊を救うことができました。
書店で注文してくださった連絡も多数いただいております。
私の知らないところでもいらっしゃるのかと思います。
本当にありがとうございます。
感謝でいっぱいです。
 
Web siteや展覧会その他お届けできる準備が整いましたら、またご報告差し上げます。