体温計Tシャツの水色は受注制作となっておりましたが、ご注文を頂きましたので制作作業に入ります。それに伴い受注期間を設けまして、今回受付をしたぶんをまとめて制作しようと思っております。サイズはS,M,Lです。現在もご注文いただけます。〆切日はまたお知らせ致します。shop.akanet.net
 
白は在庫あります。
すぐにお送りできます。
akanet.netのstoreページにて▶︎
新しく出品作が加わりました。

絵本『あ あ』の、
針金の人が色鉛筆の上で転がる場面を再現して、
展覧会で誰もが遊べるような空間をつくりました。
その展示作品をご自宅でも楽しんでいただけるように出品いたします。
ストレッチポールに、布でトンガリ部分を縫い付けています。
お子さまの遊び道具にも、
普通にストレッチポールとしても、
それぞれのお使いようでお楽しみください。

縦113cm
直径15cm

色/赤、ピンク、パープル、青、グリーン、黒


拙著絵本『すきとおりすけのすけ』の出版社での在庫期間は今月で終了となりますが、書店でのご注文は明後日29日の昼間までは受け付けられるとのことです。どなたか必要とされる方のそばに、すけのすけを置いていただけたらさいわいです。


こちらは出版時に書いた、作者のことば、 『いるのにいない』です。▶︎


“すけのすけの「自分でもわからなかった自分の姿」は 幾多のトラブルや他者との関わりによって露になってゆく ひとは 誰もがそうやって己を知ってゆくのではないだろうか”

“いつかあなたが孤独の中に居るとき、 すけのすけはきっと 側に居る 何もしない、ただ居るだけ あなたは気づかない でもあなたのこころは何故かほんのすこしあたたかになる それだけでうれしい すけのすけも わたしも”

出版後に寄せられたお手紙には、風でカーテンが揺れると「すけのすけだよ」兄弟で言い合ったり、何もないところを指さして「すけのすけだ!」パンの上で溶けるバターを見て「すけのすけみたい」と言ったり、その子だけに見えるヒーローとしてすけのすけがいるらしい、などのエピソードをいただきました。

また、親戚の勤める障害者施設では、子供からも先生からも大人気との手紙をいただき、「すけのすけの究極の孤独」は、ご自身も孤独を抱いて生きている方に、きっと無意識のうちに響くのだろうと、教えていただきました。

世の中の多数ではないかもしれませんが、必要としてくださる方のもとへ届きますように。
『体温計Tシャツ』白
『体温計Tシャツ』黒
—「常に体温を計っている人」になる—

矢野顕子さんグッズ、
『ワンわくTシャツ』
『猫じゃらTシャツ』
『まちあわせTシャツ』に続き、
大槻あかね作、とんちを効かせたTシャツです。

前3つのTシャツでもそうですが、
私はどんな形態/媒体においても、
「そこでだからこその、そこでしかない、インスタレーション」をしています。
「ひとつ、体温計というものを、その空間(Tシャツ)に置く」ことで、
「人間の身体」というものの形、動き、などの特性が見えてくる。
人間という生き物が可愛らしく滑稽で愛すべき存在に思えてくる
その「必然」となる「ひとつ」を、いつも探しています。

これは単に胸の面にロゴや平面の図をプリントするものとは大きく異なります。
そしてこのTシャツは、鑑賞するだけの美術作品とも異なります。
「着た人もまた他者を笑わせる」ための術となり、
誰もが発信者となるお手伝いをします。

発案/試作は20年ほど前、制作開始は4年前から、
意図せずこのタイミングでの発表となりましたが、
その間にこの水銀の体温計も見かけなくなり、
体温を計る機会の多い日常となりました。
素朴に笑っていただけたらさいわいです。

メンズのボディをもとに、
男女兼用M/Lの2サイズ展開となります。
綿100%
4.3オンス
転写プリント/シルクスクリーン
*Sサイズのご注文も承ります。
ご注文をいただいてからの制作により、
2週間ほどのご猶予を頂きます。
*もし笑いが起こりましたら、
『あかね笑点』のページもご覧ください。