横浜市の公共の機関の対応の酷さに、今までもことごとく憤ってきましたが、そんな折に寄ったコンビニの店員さんの接客が丁寧で優しくて、天使のようにキラキラして見えました 当たり前のように素通りしていたことへの輝きと感謝を感じらる機会をくれて、酷い対応の横浜市南区職員よありがとう
カテゴリー:
今日は拙絵本『あ』を担当していただいた編集者、また尊敬する友人のようないつまでもかわいい真知子さんの誕生日 ちょうどよく季節遅れの初恋が咲いてお祝いしていました

『あ』の制作工程では真知子さんとテレパシー的なことがいくつもあり 特に最後の最後にタイトルを決める時、私がしばらくじっと研ぎ澄まし数十分後に 「『あ』です」と言ったら真知子さんは「そうです」とおっしゃいました 静かな興奮と確信に満ちたその瞬間でした

その後何冊もの絵本制作を経験し 真知子さんがその時いかに「よいものをつくるためには編集者として会社に無理を通してでも軽やかに融通を効かす」ということを私に悟られぬようにしてくださっていたことがわかりました 他にないような すてきなかたです
カテゴリー:
今日、うたたねをしていたら 母が「ねぎらいねぎらい!」と言いながら何か渡され 包みを開くと、大量の一筆箋と、写真をプリントしたもののようだった 母は夢の中でも謎の励まし方である 「うーーー」と声を出して泣きかけたところで、父が脇を通ったので 夢の中で「夢か…」と思い目が覚めた 写真は見られなかった 何の写真だったんだろう

写真は友達が母の葬儀へ送ってくれたお花 毎日せっせと水切りし 1ヶ月半経っても元気
カテゴリー:
今日は母の納骨 お寺から渡された紙に「入魂」と書いてあって(位牌へ)、猪木かな…と思った

お坊さんの読み上げるお経が「洗剤ない、洗剤ない〜 あ〜、やだ〜」と空耳アワー的に聴こえて笑ってしまった 住職はハードロックバンドをやっているそう(たしかアイアンメイデンのコピーバンドだったような)
カテゴリー:
レシートの整理をしながら
母の死後、初めて泣く、

体調を崩すよりもっと前から、
母の死ははじまっていたのだと
私の買い物歴が語っている だから

買い物して、実家へ向かって必死で走っている
(急ぐことなんてないのになぜか必死で)
自分の姿をありありと思い出したから

ものすごくひとりで でもそういう、
誰にも頼れないようなひとりには慣れているから
いつもどおりの孤独の中をひたすら走って重い袋を抱えて

しかし 泣く、かと思ったところで涙はすっと引いた

私は怒っているのだ
誰かに、とかではない
世の中を成す、不条理に

だからひとつぶも泣かないでいる
やることがある
泣いている暇はない
私は私がたのしみでしかたがない
カテゴリー: