むくんでいない近影です
カテゴリー:
次作に使うロゴ的なものを描いているのですが、自分の中で「これがよし」とするものが以前と違う変わってきているなあって気がつく事象でした matryoshkaワニでも感じていましたが無自覚で …なるほど 今の感じでやってみます そして防御策はやめてあえて当初のいばらの道のほう行ってみます
カテゴリー:

狂いそうな夕焼け
カテゴリー:

天野祐吉さんとの共著『絵くんとことばくん』重版のようで、ありがとうございます。どうやら教科書でも推薦されているらしく、長くじわじわと読み続けて頂いているようです。天野さんに怒られてばかりの頃が、喋れず黙っているわたしの扱いに困っている天野さんが、懐かしい。今ならもっと喋れるようになりましたよ、天野さん。
カテゴリー:

風に擦り切れたカーテンの布も いとうつくし
カテゴリー:

朝陽が星になる瞬間
カテゴリー:
過度のストレスが奪ったのは
長い時間と健康だけではなく
その作へのモチベーション
ということに気づいた

お金は帰ってきても
それは帰ってこないどうやっても取り戻せない自分は生き物で作品はナマ物だと思った
カテゴリー:

今朝の朝焼け
カテゴリー:

今朝の夜明け
カテゴリー:
 
『matryoshka ワニ』
10体のマトリョーシカを詩の朗読とともにお届けするシリーズ作。
編集を少し変えまして、朗読も録り直そうとしましたが、朗読はこのテイクのままかなということになりました。以下に詩を掲載します。
ーーーーーー
私の生まれた熱帯雨林でも
川は流れ続けています
幾多の生命を潤し
また 流し去ってきた
その水の 湧き出る源は
この涙のわけと同じでしょうか
世界の尊さに 涙を流しているのですか
地球は
ゴツゴツの尻尾の洗濯板で
このタオルを 真っ白に 洗い流してゆく
それは きっと この世界へと旗を差し出すこと
あらがえない 大きな力へと
ーーーーーー
カテゴリー: