空の毛布
カテゴリー:

いつかの夕焼け
カテゴリー:

“あの輝きを 君に会えたから見えた あの輝きを 確かめにいこう”
カテゴリー:

“そうやって始まったんだよ”
カテゴリー:

僕ら走ってゆく
カテゴリー:

“いつか君を見つけた時に 君に僕も見つけてもらったんだな”
カテゴリー:
カテゴリー:
カテゴリー:

白い繭の中で静かに眠っている

空を飛んでいるとは気づかずに
カテゴリー:

大切な人や存在が亡くなることは悲しいですが、
誰かが亡くなると、人は
「二度と戻れない美しい瞬間」に
実はいつも居たということに気がついて
世界がきらきらして見えるのだと思います。

そのような場に立ち会えば立ち会うほど、
自分は常にそのような心境で生きている、と感じます。
死が近くにある時の状態で私は通常を生きている、と確認します。

だから大切な存在の死に、誰とも分かち合えず悲しんでいる人へ、
私は何かを差し出す、または沈黙をし時を待って差し出す、ことをします。
自分にしかできないことだと思うのです。常に死が近い状態で生きている自分にしか。

「その状態の人」にはわかるはずです。
ちょっとした日差しや、光の反射や、空のうつろいが、肌を撫でる風が、
こんなに眩しくきらきらと自分を包んでいてくれることに。
悲しく切ないと同じくらいの感謝の気持ちに。

いつか癒るその気持ちの
それまでの間を私や拙作または見つけた音楽は、
同じく時を経て、寄り添うともなく、ただここに居るのです。
それが私の役割なんだと、ずいぶん前から気がつき、生きてきました。
そういう時に心に響くものを、差し出すことを、し続けてきたのだと思います。

多くの人にとっては特別なヒリヒリしたその期間を、
少しでも支えることのできることに
自分へ与えられたその境遇へ
切なく感じ続けるとともに
感謝することができます。

 
カテゴリー: