こころの中の しん、としたみずうみで おはなしする
カテゴリー:
 
カテゴリー:
自然光で陽のあるうちがリミットの作業を終えたあと 昨日はすこし畑仕事した 虫やミミズ 地面のあちら側に息づく世界 水面のあちら側にも息づく世界 普段は見えていない者と共に生きていることを忘れない
カテゴリー:
かわいいほぼ満月 ひなまつりっぽい
カテゴリー:

文字の練習をしていると、まだスポーツクラブへ通っていた頃にバレエのクラスに出ていた時のことを思い出す 簡単には説明できないけど「張り」っていうか… 両腕を丸く輪のようにしてそこに張りを作ると、爪先で立っても片足で立ってもふらついたりしないビクともしない それと似てる 特にひらがな
カテゴリー:
牛肉と赤ワインを煮込みハヤシライスを作ったが、出来上がった瞬間におなかいっぱいになり食べられない現象にまたなる ちんまり小盛りで美味しくいただきました
カテゴリー:
夜の黒の中に電車の車窓の灯りだけが黄色く見える 上りと下りの電車がすれ違う瞬間、最後部車両の切れぎわが異次元からの出口のようになり両方向へと新しい電車が生まれ走りゆくように見える時がある カッターで縦にシュッと切り口を開けたそこから、異次元からの電車が紛れ込み走っていることに 誰も気づいていない
カテゴリー:

先日久しぶりに会った人が綺麗だったので恋をしていますかと聞いたら“男よりも別のことがたくさん興味があるかな。”という返事だった 恋って別に異性とか人間に限ったことでない、この世界全体とか宇宙とかにだって恋をいだくと思うけどと思った たとえばこんな空とか恋そのものじゃないかな
カテゴリー:
少し離れたビルに夕陽が映って、これから登る朝陽みたいに輝いている
頭の中で、太陽/ビル/自分、の位置関係図を思い浮かべた
カテゴリー: