ここしばらくずっと
「なぜ人は人をうらやましく思うのか」を考えていました
それはこの1ヶ月くらい「自分は誰かを羨ましいかなぁ今」と考えつづけた末に
「誰も羨ましくないなぁ」と思ったからでもあります

たぶん「羨ましい」って
“やりたいことがやれない”のではなくて
“やればできることをやらないでいる自分”が在るからなのでは と思った

わたしは“受注などの他者の要望に応えるのではなく自分の表現を自分でする、
そのために全ての余暇をなくす”という選択をして、誰も羨ましくなくなりました
(作業は体調もありなかなか進みませんが…)(そして経済的には厳しい選択です)
体調はかんばしくないけれど気持ちはとても前向きなのです

静かに寝ている日々を過ごしていると、逆に
“羨ましい気持ちで逆立っている人”の奥の方が見えてしまい、なるほどと思います

もうそういうところからは離陸するときなのだろうな、と思います

そんな今の自分のつくる、自分のためのごはんはおいしかったです
だから自分はだいじょうぶだと思う

 

おやすみなさい

Posted on2018.12.26 Edit on カテゴリー: