高く積み上がった孤独から 解き放たれたのは
すべって転んでぶつかって崩れ落ちて 散々な出会いから

光、風、水、空、人間の力の及ばないものに導かれて 出会った
今この距離感が少しでも揺らいだら 消えてしまうと お互いわかってる
ここだけにしかない くすぐったくてささやかなうれしさを 密やかに分かち合う

同じように”誰も登ったことのない山”を登ってきた人と人だけ 目が合う
だからきっと そこにいるとみつけた ここにいると みつけられた

眩しすぎて 一緒に居る今はつかのまだと知ってるから
さらに待ち受けるよろこびの瞬間へと行こう
この同じ空を飛んでいるという“今”

そんな一瞬のきらめきを
つかめないものを
追いかける

いつかきっと
「あ」とみつける
「あ」とみつけられる

< 戻る